選手紹介

【赤い疾風!夜も盗塁王】広島カープ高橋慶彦の現役実績と面白エピソード

【赤い疾風!夜も盗塁王】広島カープ高橋慶彦の現役実績と面白エピソード

元プロ野球選手、高橋慶彦さんの経歴や面白エピソードについて、解説します。(以下、敬称略)

高橋は、主に、広島カープでプレーした内野手です。

広島カープの往年のファンの中には、歴代ベストナイン、1番ショートなら高橋慶彦の名を挙げる人も多いはずです。

高橋は、甘いマスク、鍛え抜かれた肉体、そして、激しいヘッドスライディングでファン熱狂させました。

当時、野球の試合、特に、広島戦にはいかないような女性ファンが球場に殺到し、社会現象と化していました。

もちろん、盗塁王、最多安打、ベストナインのタイトルをとったことのある実績あるスタープレイヤーです。

そんな高橋慶彦さんの現役時代の実績と、面白エピソードを解説していきます。

高橋のプロ入りの経緯

高橋は、1957年、北海道に生まれて、4歳の時に、東京都に移り住んだ。

高校は、城西高校に進学し、3年生の時に、エースで4番として、夏の甲子園に出場。

3回戦で、奈良県の郡山高校に敗れたが、その時の走塁が、広島スカウトの目に留まった。

エースで4番だったが、ピッチングでもバッティングでもなく、足が評価されてプロに入った。

1974年のドラフト会議で広島カープに3位指名されて、プロ入りを果たした。

高橋の広島カープ時代:1年目から15年目まで

広島入団後は打者に専念し、間もなくして、古葉監督の指示でスイッチヒッター転向を決意する。

それまで高橋は、右打者だったため、左打者としての特訓を開始する。

当時の高橋の考え方は、それまで右打者としての練習量を左打者としてこなせば、少なくとも、左右が同じレベルになるだろうというもの。

そこで高橋は、自分が野球を始めてから、右打者としてやってきた素振りや打撃練習の数を計算し、その量を左打者として、1年かけて猛特訓した。

1978年、プロ4年目には、完全に1番バッターとしてレギュラーの座をつかむ。

その年、打率.302で、ベストナインに選ばれた。

1979年、プロ5年目は、55盗塁を決めて、盗塁王のタイトルを獲得。

さらに、33試合連続安打の日本記録を打ち立てた。

この年、高橋は、打率.304でチームのリーグ優勝と日本一に貢献し、ベストナインに選ばれた。

1980年、プロ6年目は、打率.307でチームの2年連続リーグ優勝、日本一に貢献した。

この年、38盗塁で2年連続の盗塁王、169安打で最多安打のタイトルも獲得して、ベストナインに選出された。

1983年、プロ9年目は、山内コーチのもと打撃フォームの改造を行う。

それまで5本前後だったホームランが、この年は、24本と激的に増加した。

1984年、プロ10年目は、打率.303、71打点で、チームのリーグ優勝、日本一に貢献した。

1985年、プロ11年目は、自己最高の73盗塁を記録し、3度目の盗塁王のタイトルを獲得した。

1986年、プロ12年目は、打率.284でチームのリーグ優勝に貢献し、ベストナインに選出された。

1987年、プロ13年目は、開幕2日前に催された「カープ激励の夕べ」を「時期が悪い」とさぼった。

これにより、球団との関係が悪化し、開幕から2週間の出場停止を言い渡された。

1988年は、プロ14年目は、127試合に出場するも、打率は.238と低下した。

この年のオフに西武とのトレード話があがったが、カープ側が難色を示し破断となった。

1989年、プロ15年目は、盗塁数も13に低下した。

同じショートのポジションで、野村謙二郎の台頭があったことが重なり、この年に、ロッテにトレードされた。

ロッテ、阪神時代:プロ16年目から引退まで

1990年のロッテ1年目は、100試合に出場するも、打率.207と低迷した。

監督の金田正一との関係も悪くなり、1年で、阪神にトレードされた。

1991年、1992年の阪神時代も、打率2割台と、打撃成績は上がらなかった。

出場機会も減ったことで、1992年、プロ18年間の現役生活に幕を閉じた。

引退後は、福岡ダイエーホークス、千葉ロッテ、オリックスのコーチや二軍監督などを歴任。

60歳の誕生日を迎える2017年に、YOUTUBEチャンネル「よしひこチャンネル」を開設した。

当時の広島カープの選手を中心に、多くの元プロ野球スター達との対談を楽しんいる。(わたしも滅茶苦茶見ています)

高橋慶彦の面白エピソード

夜も盗塁王!

高橋は、昼間は正真正銘の盗塁王でした。

一方で、夜も繁華街を走り回る勢いで飲み歩いていたため、「夜も盗塁王」と呼ばれていた。

芸能人や有名女優との噂も絶えませんでした。

寮に有名女優から電話がくる

高橋は、広島カープ入団後は、寮生活でした。

いまのように、携帯やスマホはなかったので、寮には共用電話が設置されていました。

当時の若手は、電話番をさせられており、高橋への電話を取り損ねると激しくしばかれたようです。

誰もが知るような有名女優から電話がくることが多々あったとのこと。

寮の共用電話は、高橋の専用電話と化していたため、若手の利用は完全に制限されていました。

銀座のママからポルシェをプレゼント

高橋が通う銀座のクラブのママから、真っ赤なポルシェをプレゼントされたのは有名な話しです。

スイッチヒッターを1年で習得

スイッチヒッター転向時、山本打撃コーチと行った猛特訓では、朝から晩までバットを振り続けた。

食事時や寝る時もバットを手離さず、これで体を壊さないのが不思議なほどだと言われていた。

同じく、プロ入りしてからスイッチヒッターに転向した元広島の正田耕三も、「高橋さんの体力は異常だった」と語っています。

昼間は、バットを振り続け、夜は飲み歩いていた。宿泊する女性の家にもバットが置いてあったのは有名な話し。

打撃フォームを改造しなければ3000安打?

高橋の生涯安打数は、1826本です。

チームメイトの衣笠祥雄いわく、ホームランを狙わず、安打だけを狙っていれば、3000本打ったとのこと。

まあ、このあと紹介する粗相がなければ、2000本は間違いなく打って、名球会入りしていましたね・・・

激励会をさぼってトレードされる

広島時代に、激励会をさぼったことが、チームを放出された原因と言われています。

というか、本人がYouTubeでそう言っています。

散歩にむかついてトレードされる

ロッテ時代、金田正一監督に、休日にも関わらず長時間の散歩につきあわされました。

むかついた高橋は、不満をあらわしにて「意味が分からない」と伝えたとのこと。

これにより、関係が悪化して、トレードされたと言われています。

これも、本人がYouTubeでそう言っています。

北別府学と犬猿の仲

現役時代、当時広島のエース北別府と高橋は口もきかないほど、仲が悪かったです。

高橋がベンツにのっていて、北別府もベンツに乗っていると、高橋はむかついてベンツを売りました。

高橋がポルシェに乗っていることを知ると、北別府は、リンカーンに乗り換えました。

正田耕三をしばく

元広島のセカンド正田耕三は、肩の調子が悪くて痛がっていました。

それが数日続いたため、むかついた高橋は試合前に正田に飛び蹴りをくらわしました。

ついでに達川もしばく

止めに入った達川(もちろん年上)も、ついでにしばきました。

達川は、高橋のことを「あいつは猛獣じゃ!誰の手にもおえん!」と嘆きました。

以上が、高橋慶彦さんの経歴と面白エピソードでした。

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

本ブログは、動画でもご覧頂けますので、チェックをお願いします。

よろしければ、チャンネル登録や高評価をお願いします!動画制作の励みになります。

他にとりあげてほしい選手がいれば、コメント欄で教えて下さい。

-選手紹介