野球ニュース

【電撃トレード】アスレチックス藤浪晋太郎オリオールズへ!

【電撃トレード】アスレチックス藤浪晋太郎オリオールズへ!

アスレチックスの藤浪晋太郎投手(29)オリオールズへ電撃トレード決定!

MLBのトレード期限8月1日が迫る中、現地米国7月19日、MLB公式サイトや複数メディアにより、藤浪のトレード決定が報じられた。

藤浪は、ア・リーグ西地区で最下位のアスレチックスから、ア・リーグ東地区で首位に立っているオリオールズへ移籍する。

交換要員はオリオールズ傘下の3Aでプレーする左腕のイーストン・ルーカス投手(26)。

藤浪晋太郎トレードの背景

藤浪は今シーズンから、MLBアスレチックスに移籍。契約年俸は、チームで5番目に高額の325万ドル(約4億5500万円)。

アスレチックスは、伝統的に、高額選手を放出して若手の有望株を獲得してチーム強化を図る方針の球団。

アスレチックスは、今シーズン、ア・リーグ西地区で、27勝71敗、と断トツの最下位。

藤浪は、最近、成績が上向いてきたが、まだ高額年俸に見合う活躍ではない。

アスレチックスからは、来期に向けて「いまが売り時」と判断された。

中継ぎを強化して9年ぶりの地区優勝を果たしたいオリオールズからは、即戦力として評価された。

藤浪のここまでの成績

34試合、49回に登板して、防御率8.57、5勝8敗の成績を残している。

この数字だけ見ると、かなり厳しいですが・・・当初先発7試合に登板した際の防御率14点台を回復しきれていないのが影響している。

中継ぎに転向してからは、27試合に登板して、防御率5.40の成績。

これでも良い成績とは言えないが、最近の20試合では、防御率3.32。7月の成績は、8試合で、2勝1敗1ホールド、防御率2.25。

メジャーに順応してきているのは間違いない。

順応してきているというか・・・最近の試合では、アスレチックスの捕手がミットを真ん中に構えて、藤浪が100マイル(160キロ)超えのストレートを投げ込むだけで結果が出ている。

藤浪のオリオールズでの起用法

オリオールズには、絶対的な守護神と、8回を任されているセットアッパーがいる。

守護神のフェリックス・バティスタは、42試合登板、26セーブ、防御率1.00。

主に8回を任されている、イエニエル・カノは、40試合登板で、防御率1.58。

2人とも、オールスター出場選手で、オリオールズの勝利の方程式として確立されている。

藤浪がこの2人に漬け込むのは無理だし、当然、結果を出せなかった先発を任されることはない。

藤浪は、結果を出している短いイニングの中継ぎで、勝利の方程式の2人につなぐことが期待される。

ただ、移籍後当面は、負けている場面での登板、いわゆる「敗戦処理」を任されるでしょう。

でも、結果を残し続ければ、大事な場面を任されるはず!

藤浪晋太郎移籍に対するファンの声

「アスレチックには本当に頭が下がる。結果が出なくても、投げ続けさせてくれた監督と、藤浪の能力を引き出してくれたキャッチャーに感謝!」

「フジは好きだけど、トレードデッドラインだから仕方ない。チームが負けているから・・・」

「これはチャンス!がんばれ藤浪!優勝だーーー!!!!」

「期待すれば裏切るのが藤浪。あまり期待せず、騒がず、静かに見守ろう」

「オリオールズでは勝ってる場面での起用が増える。そこで最近のピッチングができれば大したもんだ!」

以上が、藤浪晋太郎投手のトレードに関する速報まとめでした。

新天地オリオールズでの藤浪晋太郎投手の活躍を願っています!

日本人がプレーオフに進出して、投げる姿を見たい!

このブログは、YouTube動画でも発信しています。チェックをお願いします↓

藤浪晋太郎投手に関しては、経歴や面白エピソードを別記事とYouTube動画でもまとめています。チェックして下さい!

チャンネル登録や高評価もよろしくお願いします。

-野球ニュース